木材・製材・建築業 株式会社竹田木材
tel0763-32-4202
お問合せ | プライバシーポリシー |サイトマップ
富山産木材の家 砺波のローコスト住宅チューリップハウス

木の家づくり

商品のご案内
木を知る
木材選びの基礎知識
木と健康について
健康で長生きできる木の環境
快適に感じる木の環境▲
身近なところで毎日を支える木
木材住宅のすすめ
木と家づくり
施工例
家づくりの流れ
富山の木で家をつくる会
家づくりのQ&A
お役立ちリンク
会社概要
竹田木材HOME
木と健康について
 住宅の構造材や部材以外にも、居住空間の中で木はいろいろなところで使われています。また、最近ではたくさんの人が集まるコミュニケーションの場を演出する木の施設が注目されています。日本人の歴史を見ると木をうまく利用し、長く付き合ってきたことがわかります。その長い経験が現代にも生かされ「やはり日本人は木の建物」という声も多く聞かれます。「落ち着きのある」「すごしやすい」、快適性の高い生活・住環境づくりに木が役立てられています。
 これは日本人に限らず、老若男女を問わず、人類共通かもしれません。そうした快適性には科学的にはどのような背景があるのでしょうか。ちょっと知っていれば、より快適な日常空間が得られます。
あたたかみを感じる素材
 風呂場では、ひんやりしたコンクリートやタイルに触れないように、よく木製のスノコを使います。コンクリートなどは木材に比べ熱の伝導性が高く、室温が低くなると急激に体温を奪うからです。温度や熱の変化が伝わりにくい木材は、直接足や手が触れる場所に使えば快適性も向上します。
床材料の違いによる足の甲の温度変化
ページのトップ
光には有害なものとそうでないものがあります
 紫外線は私たちの身体に悪い影響を与えることがあり、海や雪山ではこの有害な紫外線から目を守るためにサングラスをかけて目を保護します。木材は、波長の短い光・紫外線をよく吸収する一方、「温かみ」を感じさせる波長の長い光・赤外線を反射し、まぶしさを抑えます。このため木の施設には”心地よさ”があり、人が集まり、憩うのです。
木には目に有害な紫外線をよく吸収する
ページのトップ
心地よく聞こえる音にコントロールしてくれます
 木材は音を適度に吸収して、心地よく感じる音の範囲に調整してくれます。木材を使った部屋は「音がいつまでも響かず適度に反射する」ので音が聞きやすいといわれます。
音をまろやかにする木(室容積と500Hz帯の残響時間の散布図)
ページのトップ
株式会社 竹田木材
〒939-1315 富山県砺波市太田470 tel:0763-32-4202 fax:0763-33-4729
copyright